長崎屋を利用【アプリをダウンロードしてクーポンを使用できる】

記事リスト

安さのみとは違う売り方

女性

満足のゆく買い物

驚安(きょうやす)という言葉は聞きなれない言葉です。よく、チラシや新聞広告、ネット広告などに「激安」という文字を目にしますが、激安は、びっくりするほど安いという意味で、安さを追求した価格です。なぜチラシに激安商品を載せるのかと言えば、ズバリ、客寄せのための行為で、激安商品を売って儲けるのではなく、来店を狙い、他の消費を促す狙いがあります。しかし、最近はスマホやタブレットが普及し、お買い物の時でもこられのツールを駆使してお値打ちに購入する主婦が増えたと言われています。大抵が、白物と言われる食品で豆腐、パン、玉子は激安商品となりやすいです。ほかほかにも納豆、こんにゃく、もやしなどが安く売られるのをよく見かけます。これらの激安商品の中には店舗が原価を割って販売しているケースも多く、卸業者の利益率も悪く、当然、品質が高いものより劣ることは間違いないです。一方で、驚安という言葉は値打のあるもが安いという意味で、お買い物にわくわく感があるという意味です。販売する側に促されて、今すぐ必要でないものを購入するのは安くても無駄です。おそらく激安商品は慢性的に安く売れる仕組みを持ち、それを売ることがコンセプトではありません。いま必要なものが安く購入出来れば本当にうれしいです。驚安は激安とは全く違う側面を持つ安さです。消費者に求められる安さを追求するのが驚安で、激安とは品質や商品ラインナップと仕入れの段階から違います。

オススメ記事

女性

安さのみとは違う売り方

チラシの激安商品には財布のひもを握る主婦は弱いものです。玉子やパン、豆腐といった白物食品は激安商品として目玉になることが多いです。最近になって驚安と、聞きなれない言葉を耳にしますが、驚安とは本当に必要なものを安く購入するという意味で、販売コンセプトが違います。

食材

よいものを安く入手

価格競争の中で、各販売店では、PBブランド商品を立ち上げることで、他との差別化に力を入れています。価格を抑えて機能はそのままにする努力をしており、その結果、加工食品から日用品、そして、生鮮食料品分野にまでその流れは広がってきており、多くの人に利用されています。

Copyright© 2018 長崎屋を利用【アプリをダウンロードしてクーポンを使用できる】 All Rights Reserved.